ホーム > 記者発表資料 > 令和元年 > 10月 > 関東地方における排水ポンプ車による排水活動が全て終了 −台風第19号による浸水解消のため全国の排水ポンプ車89台が集結−

記者発表資料

2019年10月18日

  • 関東地方における排水ポンプ車による排水活動が全て終了 −台風第19号による浸水解消のため全国の排水ポンプ車89台が集結−

    関東地方整備局
    河川部

     関東地方整備局管内の国管理河川では台風第19号の影響により少なくとも約40平方キロメートルが浸水し、県管理河川においても多くの箇所で浸水が発生しました。このため、全国に配備されている排水ポンプ車89台(関東地方整備局車両41台、中部・中国・四国・九州地方整備局からの応援車両48台)を関東地方に集結させ、24時間体制で、のべ167台・日の排水作業を実施し、10月17日17時に関東地方における浸水解消のための排水活動は全て終了しました。
     なお、台風第19号後の当面の降雨に備え、直轄及び県管理河川の決壊箇所周辺に関東地方整備局および中部・中国・四国・九州地方整備局から応援のため派遣された排水ポンプ車を配置し、迅速な対応が可能な体制を構築しています。
     引き続き浸水状況の把握に努めるとともに要請に応じて迅速な排水支援を行ってまいります。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369