ホーム > 記者発表資料 > 令和元年 > 10月 > 台風19号に関する関東地方整備局港湾空港部の活動状況(10月17日)

記者発表資料

2019年10月17日

  • 台風19号に関する関東地方整備局港湾空港部の活動状況(10月17日)

    関東地方整備局
    港湾空港部

     台風19号により関東地方を中心に記録的な災害となっています。
     本日(10月17日)の関東地方整備局港湾空港部の活動状況についてお知らせします。

    1.「べいくりん」の活動状況
     東京湾の川崎市東扇島沖で発生した、貨物船「JIADE」沈没による流出油回収等のため、関東地方整備局の清掃兼油回収船「べいくりん」が引き続き、現地で回収等作業を行っております。本日は、吸着マット等による油回収及び放水銃を使用した油攪拌作業を行いました。(本文資料(PDF)別紙−1参照)

    2.航路調査船等による漂流物の調査・回収
     東京湾の漂流物について、関東地方整備局の航路調査船等(4隻)により調査を実施し、災害時協定に基づき、(一社)日本埋立浚渫協会(関東支部)に漂流物の回収を要請し、回収作業を行いました。(本文資料(PDF)別紙−1参照)

    3.ドローンによる被災状況の調査
     港湾の被災状況について、ドローンによる調査を実施しました。また災害時協定に基づき、(一社)海洋調査協会にも同時にドローンによる調査を要請し、実施しました。
     実施港湾:茨城港常陸那珂港区(本文資料(PDF)別紙−2参照)

    4.支援物資(油吸着材)
     関東地方整備局の物資(油吸着材)を横須賀市へ支援しました。(本文資料(PDF)別紙−2参照)(10月16日実施分追加)

     上記について、TEC−FORCE隊員10名を派遣し、実施しました。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369