ホーム > 記者発表資料 > 令和元年 > 10月 > 令和元年台風第19号に伴う荒川水系都幾川の洪水予報・水防警報の暫定基準の運用について 〜10月17日17時00分から暫定基準水位を設定〜

記者発表資料

2019年10月17日

  • 令和元年台風第19号に伴う荒川水系都幾川の洪水予報・水防警報の暫定基準の運用について 〜10月17日17時00分から暫定基準水位を設定〜

    関東地方整備局
    河川部
    東京管区気象台
    荒川上流河川事務所
    熊谷地方気象台

     令和元年台風第19号による出水により、埼玉県東松山市早俣地先において荒川水系都幾川の堤防が決壊しました。
     このため、都幾川の野本水位観測所(東松山市下押垂)について、国土交通省関東地方整備局荒川上流河川事務所、熊谷地方気象台が共同で発表している「洪水予報」及び国土交通省関東地方整備局荒川上流河川事務所が発表している「水防警報」の発表基準について、堤防の決壊による被災状況を考慮し、令和元年10月17日17時00分から当面の間、本文資料(PDF)別紙のとおり新たに設定した水位の暫定基準にて、洪水予報及び水防警報を発表します。
     大雨時には、河川の水位が急に上昇する場合もありますので、雨量や水位等の防災情報に注意してください。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369