ホーム > 記者発表資料 > 令和元年 > 10月 > 緊急車両の通行を確保するため、災害対策基本法に基づき、関東地方整備局(長野県内)、長野県及び長野市並びに須坂市が管理する一般国道、県道及び市道上の放置車両について、必要な処置を実施します。

記者発表資料

2019年10月14日

  • 緊急車両の通行を確保するため、災害対策基本法に基づき、関東地方整備局(長野県内)、長野県及び長野市並びに須坂市が管理する一般国道、県道及び市道上の放置車両について、必要な処置を実施します。

    国土交通省関東地方整備局長野国道事務所
    長野県建設部・長野市・須坂市

     台風19号の豪雨災害を受け、緊急通行車両の通行を確保することを目的として、長野市及び須坂市内の被災地内に存ずる道路の管理者である関東地方整備局長野国道事務所、長野県、長野市、須坂市は災害対策基本法第76条の6第1項の規定に基づき、本文資料(PDF)別紙区間について、本日、指定しました。
     本文資料(PDF)別紙区間においては、交通に支障のある場合には、立ち往生車両の移動等を行います。当該道路に放置している車両は、速やかに移動するようお願いいたします。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369