ホーム > 記者発表資料 > 令和元年 > 10月 > 中部横断自動車道(下部温泉早川IC〜六郷IC)醍醐山トンネル監査路におけるコンクリート片の落下について(第3報)

記者発表資料

2019年10月02日

  • 中部横断自動車道(下部温泉早川IC〜六郷IC)醍醐山トンネル監査路におけるコンクリート片の落下について(第3報)

    甲府河川国道事務所

    ○中部横断自動車道(下部温泉早川IC〜六郷IC) 醍醐山トンネル管理用の通路において、コンクリート片が落下する事象が発生したことを踏まえ、9月30日21時より、 下部温泉早川ICから中富IC間において通行止めを行い、緊急点検を実施しています。

    ○本日10月2日(水)の緊急点検における詳細な調査の実施状況についてお知らせします。

     (1)醍醐山トンネルについて、本日、土木研究所、国土技術政策総合研究所よりトンネルの専門家2名に現地を確認していただき、以下の意見をいただきました。
      ・トンネルの構造の安定性に影響を与えるような変状は確認されない。
      ・昨日実施した緊急点検と応急措置により、同様のはく落が起こる可能性は低い。
      ・さらに、すぐにははく落しないと考えられる浮きに対しても、はつり落とし工による対策を実施することで、より安全性が確保される。

     (2)通行止めを実施している下部温泉早川〜中富IC間にある一色トンネルのコンクリートの打ち継ぎ目について緊急点検した結果、醍醐山トンネルのようなコンクリートの浮きは確認されなかった。

    ○専門家の意見を踏まえ、醍醐山トンネルにおいて、準備が整い次第、はつり落とし工による対策を実施する予定です。

    ○周辺地域の道路をご利用される皆様には引き続きご迷惑をお掛けしますが、ご理解・ご協力のほどよろしくお願いします。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369