ホーム > 記者発表資料 > 平成26年 > 2月 > 国道20号雪崩の危険性の回避措置について【第3報】

記者発表資料

平成26年 02月15日

  • 国道20号雪崩の危険性の回避措置について【第3報】

    甲府河川国道事務所

    平成26年2月15日(土)0時30分頃に、全面通行止めを行っている国道20号甲州市大和町地先において法面から小規模な雪崩が発生しました。

    現在、全面通行止めを行っている区間で、同様の雪崩が発生する恐れがある箇所に立ち往生している車両及び、乗員に対して下記の措置を講じています。

    (1)移動可能な車両は、Uターンにより全面通行止め区間から退去または、雪崩の危険がない箇所や洞門内・トンネル内へ誘導。

    (2)移動不可能な車両は、車両を放置し乗員に近傍の施設(出張等)へ移動するよう要請。

    今後、下記の区間において安全な通行を確保するため、雪崩の恐れがある箇所の回避措置を講ずるとともに、除雪を行うため全面通行止めを継続します。

    《全面通行止め》
    区間:国道20号大月市駒橋3(駒橋交差点)〜甲州市勝沼町勝沼(柏尾交差点) 約25km

    時期:平成26年2月14日(金)23時10分から実施中
    ※解除時期の見込みは、追ってお知らせします。

    ※通行規制へのご理解とご協力をお願いいたします。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369