ホーム > 記者発表資料 > 平成25年 > 10月 > 東京都大島町における土砂災害危険箇所の緊急点検結果について

記者発表資料

平成25年 10月23日

  • 東京都大島町における土砂災害危険箇所の緊急点検結果について

    点検結果を踏まえ、関係機関と連携し、監視体制の強化などを進めてまいります

    関東地方整備局

    【点検目的】
     10月16日に土砂災害が発生した東京都大島町の土砂災害危険箇所等(土石流危険渓流等、急傾斜地崩壊危険箇所)についてさらなる土砂災害を防止するため今後の警戒避難、応急的な対応に資することを目的に点検を行いました。
    【点検期間】
     平成25年10月17日から
    【点検体制】
     関東地方整備局、北陸地方整備局、中部地方整備局、九州地方整備局、国土技術政策総合研究所の各国土交通省緊急災害対策派遣隊(TEC-FORCE)、独立行政法人土木研究所の職員により点検を実施しました。
    【点検内容】
     (1)点検箇所数
      土石流危険渓流等 40渓流
      急傾斜地崩壊危険箇所 31箇所
     (2)調査内容
      ・渓流内における土砂、流木の堆積状況
      ・人家付近の斜面変状(崩壊の発生等)
      ・砂防施設の被災状況 等
    【点検結果】
     各箇所について点検結果、及び下記の目安に基づき『危険度』を評価しました。
      A 緊急避難体制を確保するとともに緊急的な対応が必要
      B 当面は警戒避難体制を強化するものとし、状況確認の上で、必要に応じ対応が必要
      C 特に変化はなく緊急度は低いが、降雨状況によっては注意を要するもの

     土石流危険渓流等の点検結果
      A:5箇所
      B:9箇所
      C:26箇所
     (計:40箇所)

     急傾斜地崩壊危険箇所の点検結果
      A:3箇所
      B:4箇所
      C:24箇所
     (計:31箇所)

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369