ホーム > 記者発表資料 > 令和元年 > 10月 > 国道20号「法雲寺橋」に関する応急復旧の見通しについて〜11月末までに通行止めを解除します〜【第16報】

記者発表資料

2019年10月25日

  • 国道20号「法雲寺橋」に関する応急復旧の見通しについて〜11月末までに通行止めを解除します〜【第16報】

    甲府河川国道事務所

     台風19号の影響に伴う橋脚沈下により、路面段差が生じた国道20号「法雲寺橋」について、専門家の意見を踏まえて検討を行った結果、応急仮設橋を活用して復旧工事を行い、11月末に通行止めの解除を行う見込みとなりましたので、お知らせします。
     今後、応急復旧の実施にあたり、一日も早い通行止め解除を目指して、基礎の状況を確認の上、安全確保の観点から定期的な計測等を行いながら、工事を進めてまいります。
     ご不便ご迷惑をおかけしますが、引き続きご理解のほどをよろしくお願いします。

    ○応急復旧完了(通行止め解除)見込み:令和元年11月末
     ※通行止め解除見込みは、天候や復旧作業の進捗状況によって変更となる場合があります。
    ○応急復旧方法:A1、A2橋台、P1〜P5橋脚およびその上部工を活用し、P5橋脚とA2橋台の間に、応急仮設橋を設置
     ※車道部の応急復旧を想定、歩道部の応急復旧は検討中
     ※施工にあたっては、橋梁に近接するライフラインの機能が停止しないよう留意
     ※P6、P7橋脚は、応急復旧完了後に撤去予定

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369