ホーム > 記者発表資料 > 令和元年 > 6月 > 洪水や地震等の災害に対応するため、「災害対策用機器」の操作講習を実施します。

記者発表資料

2019年06月12日

  • 洪水や地震等の災害に対応するため、「災害対策用機器」の操作講習を実施します。

    甲府河川国道事務所
    富士川砂防事務所

     国土交通省甲府河川国道事務所と富士川砂防事務所では、地震、台風等の災害に備え、災害対策用機器を保有しており、近年では「平成30年台風7号及び前線等による被害」(西日本豪雨)の災害支援のため、TEC−FORCE隊員や保有機器を派遣しています。
     これらの災害に対応するため、毎年、国土交通省や地方公共団体の職員及び災害協定会社を対象に操作講習を実施しており、今年度も下記のとおり実施します。

    1.講習対象者
     国土交通省職員、地方公共団体職員及び災害協定会社
    2.講習対象機器
     災害の際、出動・活躍する機会の多い下記の機器を対象とします。
      (1)排水ポンプ車(30立方メートル/分)
      (2)照明車(25kVA)
      (3)対策本部車(拡幅型)
      (4)待機支援車(9床式)
      (5)衛星通信車(20日のみ)
      (6)衛星小型画像伝送装置(Ku-SATII)(20日のみ)
      (7)無人航空機(ドローン)(20日のみ)
    3.開催日時(小雨決行)
     令和元年6月19日(水)13時30分〜15時30分(災害協定会社対象)
         6月20日(木)13時30分〜15時45分(国土交通省、地方公共団体対象)
     災害発生時、発生の恐れがある場合は、中止します。
    4.会場(会場案内図参照)
     山梨県甲府市西下条町地先(荒川左岸河川敷)
    5.取材について
     19日、20日の両日とも取材可能です。取材をされる場合は、事前に申し込みをお願い致します。(本文資料(PDF)別紙参照)
     講習当日は、13時00分より会場にて受付を行っております。また、車両の駐車も可能です。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369