ホーム > 記者発表資料 > 平成30年 > 11月 > 水質事故を想定した対策講習会を実施

記者発表資料

平成30年 11月16日

  • 水質事故を想定した対策講習会を実施

    甲府河川国道事務所

     今年度、富士川水系では、交通事故等による油類が河川に流出した事故が発生しています。油類・化学物質が流出すると河川から取水をしている利水者、魚などの生物、河川の水質等に大きく影響を及ぼします。このため、油類・化学物質が河川へ流出した場合に被害を最小限にするために、関係機関と合同で対策講習会を実施します。

    (訓練の概要)
    実施日:
     平成30年11月21日(水) 14時00分〜16時00分
    場所:
     室内講習
      甲斐市双葉公民館1階ホール
      山梨県甲斐市下今井236−2
     現地講習
      山梨県甲斐市志田地先 釜無川河川敷
      (双田橋左岸上流付近)
      15時00分頃から予定
    参加機関:
     山梨県、静岡県、甲斐市、沿川自治体
     甲府河川国道事務所及び管内維持工事担当者
    協力:
     NPO油濁防除研究会、防災エキスパート
    (実施内容)
    【室内講習】
     ○水質事故発生時の対応について
     ○油類等が河川へ流出した場合の対策について
    【現地講習】
     ○化学物質が河川へ流出した場合を想定した簡易水質試験の実施
     ○油類が河川へ流出した場合を想定した対策工法の実施
     (オイルフェンスの展帳)

    *記者の方へ取材は可能です。
     取材をされる場合は、平成30年11月20日(火)16時までに甲府河川国道事務所河川管理課へご連絡下さい。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369