ホーム > 記者発表資料 > 平成30年 > 5月 > 信玄堤前の河川敷に甲州流河除法「中聖牛」を設置します。

記者発表資料

平成30年 05月08日

  • 信玄堤前の河川敷に甲州流河除法「中聖牛」を設置します。

    甲府河川国道事務所
    甲斐市

     釜無川の洪水氾濫から甲府盆地を守るため、信玄堤周辺では治水伝統工法による複数の治水施設が設置されてきました。平成29年10月の台風21号による洪水では、信玄堤前の河川敷に設置されていた治水施設の一つである中聖牛が流失しました。
     今回、堤防の保全並びに治水における伝統技術の習得・伝承を図るため、甲斐市(消防団)と甲府河川国道事務所が共同で中聖牛の設置を行います。
     当日は国土交通省OBで構成される防災エキスパートにも参加いただき、技術指導等を受けながら中聖牛の設置を行う予定です。

      記

    1.実施日
     平成30年5月13日(日)(8時30分〜12時00分)
    2.実施場所
     釜無川信玄堤前河川敷
    3.参加機関等
     甲斐市(消防団)、甲府河川国道事務所、防災エキスパート

    ※防災エキスパート:
     主に国土交通省のOBで大規模災害発生時に、公共土木施設等の被災情報の迅速な収集等の支援活動を行うボランティア団体。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369