ホーム > 記者発表資料 > 平成28年 > 12月 > 国道52号自転車通行空間の整備6ヶ月後の通行状況の変化について 〜車道を左側通行する自転車の割合が増えました〜

記者発表資料

平成28年 12月22日

  • 国道52号自転車通行空間の整備6ヶ月後の通行状況の変化について 〜車道を左側通行する自転車の割合が増えました〜

    甲府河川国道事務所

     甲府河川国道事務所では国道52号の甲府市寿町地区(延長1.1キロメートル)において、自転車の通行位置を示す新しい路面表示である「矢羽根型路面表示」の工事を実施しました(平成28年4月22日完了)。
     工事完成6ヶ月後の交通状況の変化をお知らせします。

    (1)自転車通行位置・方向の変化
     ・車道(矢羽根型路面表示)を左側通行する自転車の割合が約33パーセント(5ポイント増加)
     ・自転車通行幅を意識して通行する自動車の割合が約8割
    (2)ドライバーへのアンケート結果
     ・約4割が、整備後走りやすくなったと回答。
    (3)通学路見守り隊ヒアリング結果
     ・朝は車道を左側通行する自転車が増えているように感じる。自転車が後ろから児童に近づくことは整備前と比べて少なくなったと思う。(40代女性)

     今後も引き続き、自転車通行空間の整備を進めてまいります。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369