ホーム > 記者発表資料 > 平成28年 > 3月 > 国道20号新笹子トンネルで車両接触と想定されるトンネル内面の損傷が発生しました。

記者発表資料

平成28年 03月17日

  • 国道20号新笹子トンネルで車両接触と想定されるトンネル内面の損傷が発生しました。

    甲府河川国道事務所

    本日10:05頃、甲府河川国道事務所管内の国道20号新笹子トンネル内において、トンネル壁面に設置されていた剥落防止工(鋼板)に、大型車が接触したことが原因と想定されるトンネル内面の損傷事象が発生しました。
     場所:山梨県甲州市大和町初鹿野地内
         国道20号 新笹子トンネル L=2,953メートル
         トンネル内の中央付近 下り線側(距離標110.546キロポスト)
     事象:トンネル側面のトンネル剥落防止工(鋼板)に大型車が接触したと想定され、トンネル内面が損傷したもの。
     原因:調査中
     対応:その他箇所でも同様な損傷の有無について緊急点検を行い、損傷が無い事を確認した。
    ※ 今後、原因者を特定し、損傷復旧の手続きを実施

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369