ホーム > 記者発表資料 > 平成27年 > 10月 > 平成27年9月関東・東北豪雨を受けて「避難を促す緊急行動」セミナーを開催します。

記者発表資料

平成27年 10月23日

  • 平成27年9月関東・東北豪雨を受けて「避難を促す緊急行動」セミナーを開催します。

    甲府河川国道事務所

      記

     1.開催日時:平成27年10月28日(水) 13時30分から15時30分
     2.場所:道の駅 富士川 2F水防対策室(山梨県富士川町)
     3.内容:地方公共団体が避難の時期・区域を適切に判断するための支援について
     4.参加対象者:
       甲斐市、甲府市、山梨市、市川三郷町、昭和町、身延町、富士川町、
       笛吹市、韮崎市、南アルプス市、中央市、南部町、富士市、富士宮市、
       静岡市、山梨県、国土交通省甲府河川国道事務所

     この度の平成27年9月関東・東北豪雨により、全国各地において浸水被害等が発生しており、特に鬼怒川の堤防が決壊した茨城県常総市では、約1万1千棟が浸水するなど甚大な被害が発生し、以下の課題が浮き彫りになりました。
      (1)堤防決壊に伴う氾濫流による家屋の倒壊・流失
      (2)地方公共団体による避難判断・広域避難
      (3)避難の遅れと長時間、広範囲の浸水による多数の孤立者の発生
     これを受けて、国土交通省では「避難を促す緊急行動」を実施することとし、その一環として、地方公共団体が避難の時期・区域を適切に判断するための支援を目的としたセミナーを開催することとしました。当日は、洪水予報、ホットラインなど出水時に河川管理者が提供する情報と自治体における対応等について、共有するためのセミナーを開催いたします。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369