ホーム > 記者発表資料 > 平成27年 > 9月 > 国道52号甲斐市竜王立体交差点改良の約1年後の整備効果 〜右折事故多発箇所が改善しました。〜

記者発表資料

平成27年 09月04日

  • 国道52号甲斐市竜王立体交差点改良の約1年後の整備効果 〜右折事故多発箇所が改善しました。〜

    甲府河川国道事務所

     甲府河川国道事務所では、右折車と対向直進車の衝突事故の対策を目的とした国道52号甲斐市竜王立体交差点改良事業を実施し、平成26年3月に完了しました。
     本事業では、交差点内での右折車の交差がない形状等に変更したものです。
     事業完了後、約1年後の状況をお知らせします。

    (1)事故件数の変化
     ・全死傷事故件数について、改良後は約5割減少しました。
     ・右折事故件数について、改良後は発生しておりません(H27.7.31時点)。
    (2)交通挙動の変化
     ・改良後は急ブレーキ発生回数が約3割減少しました。
    (3)利用者の声
     ・約9割の方から「安全になった」と回答。(アンケート結果)
     ・円滑に右折出来るようになった。(一般利用者)
     ・右折時は直進車両の確認がしやすくなった。(一般利用者、タクシー事業者、消防署)

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369