ホーム > 記者発表資料 > 平成27年 > 2月 > 外国人旅行者にも分かりやすい道路案内標識へ改善着手 〜ローマ字表記から英語表記への改善を推進〜

記者発表資料

平成27年 02月13日

  • 外国人旅行者にも分かりやすい道路案内標識へ改善着手 〜ローマ字表記から英語表記への改善を推進〜

    道路標識適正化委員会山梨県部会

     国土交通省では、観光立国実現に向けて、道路案内標識が外国人旅行者にわかりやすいものとなるよう、道路案内標識の英語表記改善を実施しているところです。
     山梨県内では「訪日外国人旅行者の受入環境整備事業」の戦略拠点を含む富士山周辺の市町村(富士吉田市、富士河口湖町、鳴沢村、山中湖村、忍野村)及び笛吹市内を対象として、道路標識適正化委員会山梨県部会※1において、改善に向けた検討を実施してきました。
     今般、工事着手の準備が整いましたので、英語表記改善のための工事に着手いたします。
     道路案内標識の表記変更は、2月17日(火)より、順次行います。

     1.日時:平成27年2月17日(火) 14時〜
          (雨天の場合は翌日を予定しています。)
     2.場所:国道139号船津登山道入口交差点(本文資料(PDF)別添地図参照)
     3.実施内容:案内標識へのシート設置作業
     4.その他:取材を希望される場合、事前に問い合わせ先まで連絡をお願いします。

     ※1道路標識適正化委員会山梨県部会構成
      国土交通省甲府河川国道事務所、山梨県県土整備部、山梨県観光部
      中日本高速道路(株)八王子支社(オブザーバー)、山梨県警察本部交通部

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369