ホーム > 記者発表資料 > 平成26年 > 10月 > 山梨県都留市の「佐伯橋」で現地見学会を行います。 〜メンテナンスサイクルの確立に向けて〜

記者発表資料

平成26年 10月21日

  • 山梨県都留市の「佐伯橋」で現地見学会を行います。 〜メンテナンスサイクルの確立に向けて〜

    山梨県道路メンテナンス会議事務局

     高度経済成長期に集中的に整備された道路橋などの施設は急速な老朽化が進んでいます。
     道路の老朽化対策は喫緊の課題であり、国土交通省では「道路メンテナンス総力戦」を掲げて安全な道路の管理を進めています。
     今回、山梨県道路メンテナンス会議では、都留市の佐伯橋において「メンテナンスサイクル(点検・診断・措置・記録)」による老朽化対策の取組みを実際に経験してもらう見学会を実施します。見学会では、橋梁桁下の足場に降りて、模擬点検等を経験してもらう
    予定です。
     見学会には、山梨県道路メンテナンス会議関係者の他、山梨県立谷村工業高校の生徒の皆さんも参加する予定です。また、堀内富久都留市長による老朽化対策等に関する会見も予定しています。

     ○日時 平成26年10月24日(金) 13時30分〜15時45分(予定)
     ○場所 都留市田原・佐伯橋(本文資料(PDF)位置図参照)
     ※)一般の方は見学会に参加できません。
     ※)取材する場合は、10月22日(水)までに下記問合せ先まで連絡をお願いします。

     ■現在、国土交通省で進めている老朽化対策の取り組み状況については、下記のホームページでもお知らせしています。
      <関東地方整備局HP>
        http://www.ktr.mlit.go.jp/honkyoku/road/kyouryoutaisaku/

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369