ホーム > 記者発表資料 > 平成26年 > 4月 > 平成26年度甲府河川国道事務所の事業概要

記者発表資料

平成26年 04月30日

  • 平成26年度甲府河川国道事務所の事業概要

    【河川事業】富士川増穂II期地区水辺環境整備に新規着手します。
    【道路事業】国道20号新笹子トンネル改修事業に新規着手します。
            国道20号大月バイパス〔延長1.5キロメートル〕について、平成30年度の開通を目指します。

    甲府河川国道事務所

     甲府河川国道事務所において、平成26年度は、約370(※)億円で事業を実施します。
     (※)維持管理費、調査費及び諸費等を除く
     主な事業は、下記のとおりです。

    ≪主な事業内容≫
    【河川事業】
    ■富士川河川改修事業
     ・富士川木島地区河川防災ステーションの整備に新規着手します。
    ■富士川環境整備事業
     ・富士川増穂II期地区水辺環境整備に着手します。
    【道路事業】
    ■改築事業
     ・中部横断自動車道(富沢〜六郷)では、新たに一色トンネルに着手します。引き続き、全線に渡り改良、橋梁及びトンネル工事等を実施します。
     ・国道20号新笹子トンネル改修〔延長3.3キロメートル大月市笹子町〜甲州市大和町〕に新規着手します。
     【開通の見通し】
      ・中部横断自動車道富沢IC(仮称)〜六郷IC(仮称)間延長28.3キロメートル「平成29年度」開通予定
      ・国道20号大月バイパス〔延長1.5キロメートル大月市大月二丁目〜大月市花咲〕「平成30年度」開通予定
    ■交通安全事業
     ・国道52号貢川地区歩道整備の事業に新規着手します。
    ■電線共同溝事業
     ・国道139号富士北麓電線共同溝事業他4箇所で本体工事等を実施します。

     ※本資料の内容は、甲府河川国道事務所のホームページでも確認できます。
      URL http://www.ktr.mlit.go.jp/koufu/

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369