ホーム > 記者発表資料 > 平成25年 > 3月 > 災害時における石油燃料等の供給に関する協定について

記者発表資料

平成25年 03月15日

  • 災害時における石油燃料等の供給に関する協定について

     甲府河川国道事務所は、富士山噴火等の大規模災害時に国民の生命・財産を守る為に必要な燃料等の安定的な供給ができるよう協定を締結しました。

    甲府河川国道事務所

     東日本大震災において燃料供給体制が混乱し、災害復旧に支障が生じた経緯を受け、今後発生が予測される富士山噴火等の大規模災害発生時に円滑な災害復旧を行う為に、事務所庁舎内発電施設、災害対策車両などへの燃料の安定供給を目的とした協定を下記のとおり山梨県石油協同組合と締結しました。

     【協定名称】災害時における石油燃料等の供給に関する協定
     【協定締結日】平成25年3月14日(木)
     【協定内容】
       (1)災害対策車両等への災害発生後の優先燃料補給
       (2(庁舎等発電施設への災害発生後の優先燃料補給(配達)
     【協定締結先】山梨県石油協同組合(甲府市中央4丁目12−21)
              理事長輿石保(こしいしたもつ)

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369