ホーム > 記者発表資料 > 平成24年 > 7月 > 「山中湖自転車・歩行者道景観検討委員会(第2回)」を開催します

記者発表資料

平成24年 07月31日

  • 「山中湖自転車・歩行者道景観検討委員会(第2回)」を開催します

    甲府河川国道事務所

     山中湖自転車・歩行者道は、湖畔を一周する全長約14キロメートルの自転車・歩行者道で、唯一未整備となっている国道138号区間の延長約2キロメートルについて、歩行者及び自転車の交通安全対策として平成24年度から事業着手しております。
     山中湖は世界文化遺産に登録手続き中の「富士山」の構成資産にも選定されていることから、山中湖周辺の自転車・歩行者道の整備にあたっては景観に配慮が必要です。
     そのため、周辺景観と調和した自転車・歩行者道の整備に向けて学識経験者を中心にデザインの評価をしていただくため、『山中湖自転車・歩行者道景観検討委員会』を設立(平成24年6月26日)しております。
     なお本委員会では今後夏から秋頃に予定されている富士山の世界文化遺産登録に向けた国際記念物遺跡会議(イコモス)による現地調査を考慮し、今般、開催予定の第2回委員会にて自転車・歩行者道の整備イメージを決定します。


    『山中湖自転車・歩行者道景観検討委員会(第2回)』
     ○日時 平成24年8月2日(木) 10時00分〜(1時間30分程度)
     ○場所 KKR甲府ニュー芙蓉 2階『楓(かえで)』 山梨県甲府市塩部3−6−10
     ○議題 整備イメージに対するデザインの決定

    ※当日の取材について
     委員会の模様はマスミ関係者の方々に公開します取材される方は8月1日(月)17時15分までに下記問い合わせ(調査第二課長)まで連絡の上、当日9時50分までに会場へお越しください。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369