ホーム > 記者発表資料 > 平成29年 > 11月 > 圏央道茨城県区間全線開通後の整備効果 圏央道を利用した物流・観光が活発に

記者発表資料

平成29年 11月21日

  • 圏央道茨城県区間全線開通後の整備効果 圏央道を利用した物流・観光が活発に

    関東地方整備局
    東日本高速道路株式会社

     国土交通省と東日本高速道路株式会社で整備を進めている首都圏中央連絡自動車道(圏央道)においては、平成29年2月26日に茨城県区間の境古河IC〜つくば中央IC間が開通し、湘南から成田までの地域が圏央道で結ばれました。
     これまでに発現された整備効果についてとりまとめましたので、お知らせいたします。

    【圏央道沿線で企業立地促進】
    ○茨城県内の圏央道沿線で企業立地が活発化(この4年間で79件立地)
     (茨城県は、4年連続で工場立地面積が全国1位)
    ○圏央道沿線の五霞町では工業地の地価が上昇
     五霞町では、工業地の地価上昇率が全国1位(約18パーセント)
     (圏央道沿線の通過自治体では約4パーセント上昇)

    【成田空港へのアクセス性向上】
    ○群馬・栃木方面と成田空港を結ぶ高速バス(4路線68便)のうち約7割の47便が圏央道ルートに経路変更
    ○高速バスの最長所要時間が約30分短縮し、定時性も向上

    【環状ネットワークの形成により、圏央道沿線で広域周遊観光が活発化】
    ○「道の駅発酵の里こうざき」では、来場者数が昨年より約2割増加

    (参考)開通後の交通状況
    ○開通した区間の隣接区間では交通量が増加
     (久喜白岡JCT〜幸手IC:77パーセント増、牛久阿見IC〜阿見東IC:36パーセント増加)
    ○車線数が減少する箇所やサグ部で混雑・渋滞が発生
     引き続き、ビッグデータによりきめ細やかに交通状況を分析

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369