ホーム > 記者発表資料 > 平成29年 > 3月 > 【速報】2月26日(日)圏央道(境古河IC〜つくば中央IC間)が開通 〜開通後一週間の交通状況について〜

記者発表資料

平成29年 03月10日

  • 【速報】2月26日(日)圏央道(境古河IC〜つくば中央IC間)が開通 〜開通後一週間の交通状況について〜

    関東地方整備局
    東日本高速道路株式会社

    ○圏央道の利便性が一段と向上し、開通した区間の隣接区間では交通量が2割程度増加

    【圏央道の交通量】
     東関東道〜常磐道間:約16,800台/日※1(約13,700台/日から23パーセント増)※2
     常磐道〜東北道間:約22,600台/日※1【全線開通区間】
     東北道〜関越道間:約48,500台/日※1(約41,100台/日から18パーセント増)※2
     関越道〜中央道間:約62,700台/日※1(2パーセント増)※2
     中央道〜東名高速間:約54,200台/日※1

    ○広域的な観光交流が徐々に拡大
    ・水戸・偕楽園の梅祭り(2月18日〜3月31日)の来場者からは、所要時間の短縮を実感したとの声
     都心が混雑している朝(7時〜9時)の時間帯では八王子JCT→つくばJCTへの所要時間が約15分短縮(約100分→約85分)
     ※都心の混雑が緩和する12時台では変化なし
    ・来場者数が増加している要因に圏央道の開通効果があり、今後の観光客増加に期待、との声も

    ※1開通後:平成29年2月27日(月)〜3月5日(日)の日交通量の平均値
    ※2開通前:平成29年2月19日(日)〜2月25日(土)の日交通量の平均値と比較

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369