ホーム > 記者発表資料 > 平成29年 > 1月 > 圏央道 茨城県区間(H29.2.26(日)15時)開通(境古河IC〜つくば中央IC28.5キロメートル)(第2報) 我が国で初めて高速道路ナンバリング標識を設置

記者発表資料

平成29年 01月31日

  • 圏央道 茨城県区間(H29.2.26(日)15時)開通(境古河IC〜つくば中央IC28.5キロメートル)(第2報) 我が国で初めて高速道路ナンバリング標識を設置

    〜開通時刻が決まりました〜
    〜我が国で初めて高速道路ナンバリング標識が設置されます〜

    北首都国道事務所
    常総国道事務所

    《圏央道の開通》
     国土交通省関東地方整備局と東日本高速道路株式会社が共同で事業を進めている国道468号首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の境古河ICからつくば中央IC間の開通時刻が決まりましたので、お知らせします。
     ○開通日※ 平成29年2月26日(日)
     ○開通時刻 15時
     ※開通日についてはH28.12.20に記者発表しています。
      http://www.ktr.mlit.go.jp/kisha/kitasyuto_00000132.html

    【開通区間の概要】
     【開通区間】境古河IC(茨城県猿島郡境町)〜つくば中央IC(茨城県つくば市)
     【延長】28.5キロメートル
     【開通IC】坂東IC、常総IC
     【車線数】暫定2車線

    《高速道路ナンバリング》
     わかりやすい道案内の実現に向けて、我が国で初めて高速道路ナンバリング標識が設置されます。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369