ホーム > 記者発表資料 > 平成28年 > 12月 > 圏央道 茨城県区間 平成29年2月26日(日)に全線開通(境古河IC〜つくば中央IC 28.5キロメートル)

記者発表資料

平成28年 12月20日

  • 圏央道 茨城県区間 平成29年2月26日(日)に全線開通(境古河IC〜つくば中央IC 28.5キロメートル)

    北首都国道事務所
    常総国道事務所

    《開通により期待されるストック効果※1》
    【成田空港から関東各地の観光地へのアクセスが向上】
     ○成田空港から日光・那須、富岡製糸場、川越などの観光地へのアクセスが向上。観光周遊の促進が期待。

    【沿線の大型物流施設 約1,600件、生産性向上が加速】
     ○圏央道(東名高速〜東関東道)沿線に立地する大型物流施設約1,600件において、生産性向上が加速する可能性
     ○茨城県は、工場立地件数3年連続全国第1位
      区画整理事業等の取組も進んでおり、更なる企業立地に期待!

    《開通区間の概要※2》
     【開通区間】境古河IC(茨城県猿島郡境町)〜つくば中央IC(茨城県つくば市)
     【延長】28.5キロメートル
     【開通IC】坂東IC、常総IC
     【車線数】暫定2車線

    ※1:ストック効果:整備された社会資本が機能することによって、継続的に中長期的に得られる効果
    ※2:開通時刻及び開通式典等の概要については後日お知らせいたします。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369