ホーム > 記者発表資料 > 平成27年 > 3月 > 新4号国道で唯一の春日部古河バイパスの2車線区間が4車線で開通します。 平成27年3月26日(木)〜27日(金)

記者発表資料

平成27年 03月20日

  • 新4号国道で唯一の春日部古河バイパスの2車線区間が4車線で開通します。 平成27年3月26日(木)〜27日(金)

    北首都国道事務所
    宇都宮国道事務所

    ◇4車線化や圏央道の五霞ICとの接続による主な効果◇
     整備効果(1) 民需の拡大と地域経済の好循環
      今回の4車線化や圏央道の五霞ICとの接続により、沿道に物流施設や工場の立地が活発化される等、民間の投資や雇用創出が生まれ、民需拡大と地域経済の好循環に寄与することが期待されます。
     整備効果(2) 国道4号の渋滞緩和
      交通容量が拡大されることで、混雑の著しい国道4号の埼玉茨城県境付近の渋滞緩和・定時性の確保が期待されます。

     ■4車線開通日:
       平成27年3月26日(木)(埼玉県内)
       平成27年3月27日(金)(茨城県内)
     ■区間:
       国道4号春日部古河バイパス
        埼玉県春日部市倉常〜茨城県古河市柳橋間(延長17.3キロメートル)

     北首都国道事務所及び宇都宮国道事務所のホームページ、ツイッターでも道路情報が確認できます。
     ホームページ
      :http://www.ktr.mlit.go.jp/kitasyuto/
      :http://www.ktr.mlit.go.jp/utunomiya/
     公式ツイッター情報
      :https://twitter.com/mlit_kitasyuto
      :https://twitter.com/mlit_ukoku

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館  電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369