ホーム > 記者発表資料 > 令和元年 > 7月 > 関東地方整備局における「工事」「業務」の総合評価落札方式の適用ガイドライン(令和元年度版)の改定及び「入札・契約、総合評価適用ガイドブック」の発刊について

記者発表資料

2019年07月31日

  • 関東地方整備局における「工事」「業務」の総合評価落札方式の適用ガイドライン(令和元年度版)の改定及び「入札・契約、総合評価適用ガイドブック」の発刊について

    関東地方整備局
    企画部

     「関東地方整備局における総合評価落札方式の適用ガイドライン」及び「建設コンサルタント業務等における入札・契約、総合評価に関する運用ガイドライン」(以下「ガイドライン」という)は、平成31年3月13日開催の「平成30年度関東地方整備局総合評価審査委員会」において承認された「令和元年度入札・契約、総合評価の実施方針」に基づいて作成したもので、令和元年8月1日以降に審査基準日となる案件から適用します。

    ○主な改定内容
    【工事】
     (1)総合評価落札方式の実施方針
     ・担い手育成・確保対策を推進するため、「地域密着工事型」、「自治体実績評価型」、「技術提案チャレンジ型」、「地域防災担い手確保型」の積極活用
     ・技術提案評価型の技術提案のテーマ設定において、生産性向上、働き方改革、安全性の観点を積極的に活用
     (2)評価項目の改定
     ・週休2日制適用工事の施工実績において、評価配点を見直し最大1点⇒最大2点
    【業務】
     (1)業務成績・優良表彰の業種区分評価
     ・業務成績の評価対象業務について、関東実績だけでなく、全国評価の場合にも発注業務の業種区分に限定(企業)
     (2)実施能力を評価した選定
     ・総合評価落札方式(簡易型)で発注する一部の業務において、参加表明書と技術提案書(実施計画書)の提出を同時に求め、実施能力の確認と参加表明書による技術評価を行い、評価・審査の効率化、事務負担の軽減を図る。

     また、このガイドラインの公表と併せ、先月公表した「“地域インフラ”サポートプラン関東Ver.3.0」のI.担い手の確保・育成(働き方改革への対応)の取組の一つとして、多様な入札・契約方式の適用分類等をわかりやすくまとめた「入札・契約、総合評価適用ガイドブック」を発刊します。

     なお、「ガイドライン」の本編及び「入札・契約、総合評価適用ガイドブック」は、関東地方整備局ホームページに掲載しています。
    【工事】
    掲載場所:関東地整ホームページ > 技術情報 > 公共工事の品質確保 > 総合評価落札方式
     URL:http://www.ktr.mlit.go.jp/gijyutu/index00000004.html
    【業務】
    掲載場所:関東地整ホームページ > 技術情報 > 関東地方整備局建設コンサルタント業務等における入札・契約、総合評価に関する運用ガイドライン
     URL:http://www.ktr.mlit.go.jp/gijyutu/gijyutu00000088.html

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369