ホーム > 記者発表資料 > 平成30年 > 10月 > トンネル工事において『新技術導入促進(II)型総合評価落札方式』を実施します。

記者発表資料

平成30年 10月26日

  • トンネル工事において『新技術導入促進(II)型総合評価落札方式』を実施します。

    関東地方整備局
    企画部

     関東地方整備局では、建設現場におけるイノベーションの推進、生産性の向上等を図るため、研究開発段階にありながら当該事業において工事品質向上等の効果が高いと期待される技術の現場での実証についての技術提案を求める『新技術導入促進(II)型総合評価落札方式』を実施します。

    ◆概要
     発注者が指定するテーマについて、実用段階に達していない技術又は研究開発段階にある技術の検証に関する提案を求め、総合評価において提案技術の有効性、具体性等について評価します。

    ◆技術提案テーマ
     AI等を活用したトンネル切羽等の地山判定手法について

    ◆実施工事
     山清路防災1号トンネル工事(10月26日公告)

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369