ホーム > 記者発表資料 > 平成30年 > 8月 > 第14期 建設技術展示館技術講習会シリーズ(第6回) 「小規模土工に活用可能なi-Construction施工セミナー」を開催

記者発表資料

平成30年 08月27日

  • 第14期 建設技術展示館技術講習会シリーズ(第6回) 「小規模土工に活用可能なi-Construction施工セミナー」を開催

    i-Constructionを推進するうえで必要となる技術の習得を目的としています

    関東地方整備局
    企画部
    関東技術事務所

     建設業・国・自治体の土木関係技術者を対象に、ICT建機を使った施工、特に今後増加していく比較的小規模な施工において、より生産性を高めることを主眼として、「小規模土工に活用可能なi-Construction施工セミナー」を開催します。
     開催日時:
      平成30年9月19日(水) 13時00分〜16時45分
     開催場所:
      日本キャタピラー秩父D-Techセンター
      〒368-0004 埼玉県秩父市山田2848
     主催:
      国土交通省 関東地方整備局
     建設技術展示館出展者:
      日本キャタピラー合同会社

    【講習内容】
    (1)i−ConstructionにおけるICT施工技術の活用について【関東地方整備局企画部施工企画課】
    (2)(座学)小規模施工に活用可能なi-Construction施工技術【日本キャタピラー合同会社】
     (1)小規模土工におけるi-Con施工の課題
     (2)次世代2Dと3Dの併用による施工効率改善
     (3)最低限の機器編成を可能としたアップグレードソリューション
     (4)積載重量管理等、他のICT技術を活用した施工効率改善
    (3)(デモンストレーション)ICT建機最新機能紹介と最適な機械編成【日本キャタピラー合同会社】
     (1)3D油圧ショベルの機能紹介(GradeAssist,CPM,Eフェンス)
     (2)2D油圧ショベルの最新機能インフィールドデザイン紹介と効果的な使い方(3D&2D組合せ)
     (3)ICTブルドーザでの施工
     (4)3D対応ミニ油圧ショベルによる都市土木へのICT建機の普及
    (4)(試乗)マシンガイダンス/マシンコントロール実習【日本キャタピラー合同会社】
     最新ICT建設機械(2D/3D油圧ショベル、2D/3Dブルドーザ、3Dミニ油圧ショベル)に試乗、整地掘削などMG/MCを活用した施工技術を習得
    ・定員50名(定員になり次第〆切ります)
    ・この講習会は、(一社)全国土木施工管理技士会連合会CPDSプログラムの認定を受ける予定です。
    ・参加をご希望される方は、下記建設技術展示館ホームページからお申し込み下さい。

    【建設技術展示館ホームページ】
     URL:http://www.kense-te.jp/

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369