ホーム > 記者発表資料 > 平成30年 > 8月 > 『TEC-FORCE創設10周年記念シンポジウム』を開催します 〜大規模自然災害発生TEC-FORCEは何をすべきか。〜

記者発表資料

平成30年 08月08日

  • 『TEC-FORCE創設10周年記念シンポジウム』を開催します 〜大規模自然災害発生TEC-FORCEは何をすべきか。〜

    関東地方整備局
    企画部

     国土交通省では、大規模自然災害への備えとして、迅速に被災自治体などへの支援が行えるよう、平成20年4月にTEC−FORCE(緊急災害対策派遣隊)を創設し、これまで東日本大震災、熊本地震、九州北部豪雨及び本年7月豪雨など多くの災害で活動してきました。
     我が国では、首都直下地震や南海トラフ地震等の発生、異常気象による水害の頻発化・激甚化が懸念されます。
     本シンポジウムでは、TEC−FORCEの10年間の活動実績を報告するとともに、今後期待される役割や機能について、皆さまとともに考えます。

    1.日時:
     平成30年8月27日(月) 14時00分〜16時30分(13時30分開場)
    2.会場:
     星陵会館ホール(東京都千代田区永田町2丁目162)
    3.主催:国土交通省
    4.内容
     (1)挨拶 石井啓一 国土交通大臣
     (2)基調講演 橋清孝 内閣危機管理監
     (3)活動報告 塚原浩一 水管理・国土保全局長
     (4)パネルディスカッション
      (テーマ)
       首都直下地震等大規模災害において果たすべきTEC-FORCEの役割と課題
      (コーディネーター)
       松田曜子 長岡技術科学大学工学部准教授
      (パネリスト)
       村井嘉浩 宮城県知事
       戸羽太 岩手県陸前高田市長
       澁谷博昭 福岡県東峰村長
       九鬼東一 陸上自衛隊中央業務支援隊長兼ねて市ヶ谷駐屯地司令
       石原康弘 関東地方整備局長
    5.参加申込
     シンポジウムは公開にて行いますが、事前の申し込みが必要です。なお、参加申し込み多数の場合は期限前でも受付を終了させていただく場合があります。(参加費無料、先着300名)
     (1)報道関係者:
      取材ご希望の方は、取材申込書(本文資料(PDF)別紙1)の内容をご確認の上、8月23日(木)15時までにFAXでお申し込みください。
     (2)一般参加者:
      参加ご希望の方は、8月22日(水)17時までに、(1)または(2)の方法によりお申し込みください。
    【(1)パソコンから申し込みする場合】
     https://www.kensetsukankyo.co.jp/tec-force.html
     ※上記URLから[1]お名前(ふりがな)、[2]会社等所属、[3]連絡先(メールアドレス)を登録いただき、登録後発行される「管理番号」を開催当日会場受付までお持ち願います。
    【(2)FAXまたはメールで申し込みする場合】
     ※参加申込書(本文資料(PDF)別紙2)に必要事項を記入の上、FAX又はメールにてお申し込みください。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369