ホーム > 記者発表資料 > 平成30年 > 4月 > 平成30年度 工事事故防止「重点的安全対策」 〜工事安全対策の向上に向けた具体的な安全対策の策定〜

記者発表資料

平成30年 04月11日

  • 平成30年度 工事事故防止「重点的安全対策」 〜工事安全対策の向上に向けた具体的な安全対策の策定〜

    関東地方整備局
    企画部
    港湾空港部

     関東地方整備局では、平成13年度より「重点的安全対策」を定め、工事事故の防止に努めているところです。
     管内における平成29年度3月末日現在の工事事故は、58件発生しており、前年度同日付けの64件と比較すると6件少なく、死亡事故は発生しませんでした。
     今年度も工事事故防止に向け、工事安全対策の徹底を図るため、本文資料(PDF)別添のとおり「平成30年度重点的安全対策」を定め、管内関係事務所に通知すると共に、関係業団体に会員各社への周知を依頼し、工事安全対策の向上に努めることとしました。
     また、平成29年度に発生した事故の要因や発生状況を鑑み、「V.事故防止」の重点的安全対策項目に機械・工具・仮設資材等の適切な取扱い及び、建設機械等や荷役運搬機械等の転倒・転落防止に関する項目を追加しました。
     平成29年度の事故発生状況の詳細や事故事例については、関東地方整備局ホームページに掲載しています。
      http://www.ktr.mlit.go.jp/gijyutu/gijyutu00000013.html

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369