ホーム > 記者発表資料 > 平成31年 > 3月 > 建設分野における特定技能外国人の受入れに関する説明会を開催します。

記者発表資料

2019年03月22日

  • 建設分野における特定技能外国人の受入れに関する説明会を開催します。

    関東地方整備局
    建政部

     先の臨時国会において、新たな在留資格『特定技能』の創設等を内容とする「出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律」(平成30年法律第102号)が成立しました。
     [H30.12.8成立/H30.12.14公布]
     特定技能の在留資格に係る制度は、深刻化する人手不足に対応するため、生産性向上や国内人材の確保のための取組を行ってもなお人材を確保することが困難な状況にある産業上の分野において、一定の専門性・技能を有し即戦力となる外国人を受け入れていく仕組みとされており、建設分野もこの制度の対象となっています。(制度開始:H31.4.1)
     今般、本制度の施行を受け、建設業団体等を対象に、制度概要等についての説明会を開催することといたしました。

      記

    開催日時:
     平成31年4月22日(月) 13時30分〜15時30分
    場所:
     さいたま新都心合同庁舎2号館5階(共用大会議室501)
    対象:
     建設業関係者、各都県行政担当者
     ※法人、個人は問いません。建設業関係団体への加盟、非加盟も問いません。
    定員:
     200名
    参加申込:
     事前申込制となりますので、本文資料(PDF)別紙「参加申込書」に必要事項を記載の上、平成31年4月8日(月)までに、FAXにてお申し込み下さい。
     ※会場との都合上、参加申込みが多数の場合、先着順とさせていただきます。予めご了承下さい。
    その他:
     ご来場の際は、公共交通機関をご利用下さい

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369