ホーム > 記者発表資料 > 平成29年 > 6月 > 首都圏における災害発生に備え災害対策用機器の合同操作訓練を実施します

記者発表資料

平成29年 06月06日

  • 首都圏における災害発生に備え災害対策用機器の合同操作訓練を実施します

    京浜河川事務所
    横浜国道事務所

     国土交通省では、首都圏における突発的な災害発生時においても迅速且つ確実に災害復旧を行うため、排水ポンプ車・対策本部車等の災害対策用の機器を配備し、災害発生に備えております。
     この度、関連する地方公共団体、国土交通省8事務所及び災害協定会社による合同の「災害対策用機器操作訓練」を6月9日に実施します。
     この訓練は毎年度実施しており、H28年度は約80名が参加しています。

    【平成29年度災害対策用機器操作訓練概要】
     排水ポンプ車等の災害対策用車両の設置及び操作訓練、並びに衛星小型画像伝送装置(Ku-SATII)の設営訓練等を実施し、災害発生時の緊急対応に備えます。
    ●日時
     平成29年6月9日(金) 13時00分〜17時00分(12時30分受付開始)[予備:6月14日]
    ●会場
     大師河原防災ステーション[川崎市川崎区大師河原1丁目地先]
    ●対象機器
     (1)対策本部車、(2)排水ポンプ車、(3)照明車、(4)待機支援車、
     (5)衛星小型画像伝送装置(Ku-SATII)、(6)車両移動装置

    【取材について】
     訓練当日は取材可能です。また、会場内での駐車も可能です。
     取材を希望される場合は、訓練当日、直接会場にお越し頂き、受付をお願い致します。

     ※訓練は小雨決行ですが、延期になる場合は当日の10時までに「横浜国道事務所ホームページ」にてお知らせします。
      [URL]http://www.ktr.mlit.go.jp/yokohama/

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369