ホーム > 記者発表資料 > 平成29年 > 4月 > 【多摩川】河川敷における怪我の発生原因について

記者発表資料

平成29年 04月20日

  • 【多摩川】河川敷における怪我の発生原因について

    京浜河川事務所

     川崎市中原区の多摩川河川敷(丸子橋上流500メートル付近)において、ジョギングなどで通行した方にやけどの症状と思われる怪我が発生したことについて、怪我の発生原因が明らかになりましたのでお知らせします。
     また、4月5日(水)から立入禁止としている川崎市中原区の多摩川河川敷(丸子橋上流500メートル付近)緊急河川敷道路(川崎市マラソンコース)の対策工事を4月20日(木)から実施します。

    【怪我の発生原因】
     ・舗装工事で使用する材料を取り違えたため、舗装に含まれる石灰の量が過大となっていた。その石灰が降雨時に溶け出して、強アルカリ性の水溜まりとなり、靴から浸みこんで化学やけどを発症した。
    ※「化学やけど」とは酸やアルカリといった刺激が強い化学物質が皮膚に接触することで起こる障害。
    【対策工事の内容】
     ・立入禁止区間(約250メートル)の舗装を撤去し、安全に利用できるよう整備します。
      なお、現場作業の終了後も、一定期間養生を実施します。
     ・工期は4月20日から14日間程度。(降雨により期間を延長する場合もあります)
      養生完了後はすみやかに一般開放を行いますので、それまでの間は引き続き河川
     利用者の方々には大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解ご協力のほどよろしくお願い致します。
    【怪我をされた方への対応】
     ・今回の道路舗装が原因で怪我をされた方に対しては、京浜河川事務所が相談窓口として対応していきます。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369