ホーム > 記者発表資料 > 平成30年 > 9月 > 地元関係機関等と連携し、特定外来生物「オオバナミズキンバイ」を除去します

記者発表資料

平成30年 09月28日

  • 地元関係機関等と連携し、特定外来生物「オオバナミズキンバイ」を除去します

    霞ヶ浦河川事務所

     近年、琵琶湖などで在来種の駆逐など生態系に係る被害を起こしている、特定外来生物「オオバナミズキンバイ」が昨年、霞ヶ浦で初めて確認され、地元関係機関・大学等の協力と、大型重機を使用して除去作業を実施しました。
     今年も、同じ箇所に「オオバナミズキンバイ」が、昨年の除去効果により規模は小さいものの再確認されている状況です。今年も多くの地元関係機関等と連携して除去を実施します。

    実施日時:
     平成30年10月1日(月) 9時作業開始
     (荒天時は10月4日(木)に順延します)
    実施箇所:
     茨城県土浦市田村町地先(本文資料(PDF)の地区)

     当日は、取材可能です。取材を希望される場合は、当日の9時までに直接、除去実施箇所までお越しください。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369