ホーム > 記者発表資料 > 平成28年 > 3月 > 〜大震災の記憶を風化させないために〜 東日本大震災から5年講演会を開催

記者発表資料

平成28年 03月04日

  • 〜大震災の記憶を風化させないために〜 東日本大震災から5年講演会を開催

    霞ヶ浦河川事務所
    独立行政法人水資源機構 利根川下流総合管理所

     来る3月11日をもって、東日本大震災から5年となります。
     霞ヶ浦においても、霞ヶ浦湖岸の総延長約263キロメートルのうちの約60キロメートルの区間において堤防などの河川管理施設が甚大な被害を受けました。
     この被害の応急対策や災害復旧に当たり、得られた貴重な経験や知見が忘れ去られること無く、今後の防災対策に生かされていくことが重要です。
     そこで、東日本大震災で得られた知見や教訓などを伝承するとともに、被災原因となった液状化のメカニズムについて理解を深めることを目的に講演会を実施します。

    【開催日時、開催場所等】
     日時:平成28年3月9日(水) 13時00分〜15時30分(12時40分〜受付開始)
     場所:レイクエコー多目的ホール(茨城県行方市宇崎1389)
     対象:
      国交省・水資源機構職員、茨城県、沿川13市町村職員、災害協定会社、
      工事安全協議会員、防災エキスパート
     主催:
      国土交通省 関東地方整備局 霞ヶ浦河川事務所
      独立行政法人 水資源機構 利根川下流総合管理所
     内容:【本文資料(PDF)別紙−1参照】

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369