ホーム > 記者発表資料 > 平成25年 > 3月 > 霞ヶ浦・北浦における洪水予報・水防警報の基準水位を震災前の値に戻します。

記者発表資料

平成25年 03月29日

  • 霞ヶ浦・北浦における洪水予報・水防警報の基準水位を震災前の値に戻します。

    霞ヶ浦河川事務所

     霞ヶ浦河川事務所管内において、東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)の影響により、堤防等の河川管理施設が甚大な被害を受けたことから、平成23年6月1日より、霞ヶ浦河川事務所と水戸地方気象台及び銚子地方気象台が共同で発表する「洪水予報」と霞ヶ浦河川事務所が発表する「水防警報」の基準水位を下げておりました。
     今般、霞ヶ浦河川事務所管内における全ての災害復旧が完了したこと、堤防の高さや堤防統合物理探査の調査により、堤防内部の状況が震災前と大きく変わりがないことが確認できたことを踏まえて、平成25年4月1日より、洪水予報と水防警報の発表の基準となる水位を平成23年6月1日以前の値に戻します。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369