ホーム > 記者発表資料 > 平成29年 > 7月 > ヒアリの定着防止対策緊急工事に着手

記者発表資料

平成29年 07月27日

  • ヒアリの定着防止対策緊急工事に着手

    国内の港湾で相次いで発見されている特定外来生物のヒアリの定着防止対策として、鹿島港北公共ふ頭において緊急工事を実施します。

    鹿島港湾・空港整備事務所

     ヒアリ対策については、7月20日に開催されたヒアリ対策閣僚会議において、総理よりヒアリの侵入・定着を防止するため、あらゆる事態を想定し、先手先手で対策に取り組むよう指示がありました。これを受け国土交通省では中国等との定期航路を有する68の港湾すべてについて、ヒアリの生息環境となり得るコンテナヤードの舗装の隙間を埋める工事を緊急的に実施することとしております。
     今般、関東地方整備局鹿島港湾・空港整備事務所では、現地調査の結果を踏まえ、ヒアリの生息環境となり得る舗装の隙間を埋める定着防止対策について、下記のとおり緊急工事に着手しますのでお知らせします。

      記

    施工日:
     平成29年7月28日(金)〜29日(土)
    施工場所:
     鹿島港北公共ふ頭
    施工内容:
     アスファルト系注入剤で舗装の隙間を埋める工事を実施
    その他:
     現地取材をご希望の方は、SOLAS条約に基づく制限区域への立ち入りの登録が必要なため、本日17時00分までに、本文資料(PDF)別添取材登録書によりFAXにて登録をお願いします。申し込み期限は厳守でお願いします。
    留意事項:
     (1)安全管理上、現地では当局の指示に従っていただきます。
     (2)SOLAS条約に基づく制限区域への立ち入りの際、本人確認を行いますので、顔写真入りの身分証明書の提示をお願いします。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369