ホーム > 記者発表資料 > 平成27年 > 10月 > 〜*県内初!〜トレーラーなど、道路法に定める許可が必要な特殊車両に対して、*3者合同(国土交通省、茨城県、茨城県警察)での取締りを実施しました。

記者発表資料

平成27年 10月28日

  • 〜*県内初!〜トレーラーなど、道路法に定める許可が必要な特殊車両に対して、*3者合同(国土交通省、茨城県、茨城県警察)での取締りを実施しました。

    常陸河川国道事務所

     国土交通省は、道路構造物の老朽化に対する対策の一環として、平成26年5月、悪質な重量超過車両等に対する厳罰化方針を打ち出し、取締りを強化して参りました。また、茨城県においても国の厳罰化方針のもと、関係機関と連携した取締りを今年度から開始することとしました。

     今般、その関係機関連携の一環として、茨城県内の一般国道6号を管理する関東地方整備局常陸河川国道事務所と、一般国道245号を管理する茨城県土木部の各道路管理者及び茨城県警察の三者が協働して、通行の際に許可が必要な特殊車両(長さ12メートル超のトレーラーや建設機械など)を対象とした取締りを実施することとし、10月27日(火)日立市東(ひがし)町三丁目地先の一般国道6号日立バイパス「浜の宮(はまのみや)ロードパーク」において33名体制での合同取締りを実施しました。
     当日は、無許可での通行など、道路法違反が認められた車両14台に対して警告書を発出し、このうち、直ちに運行を再開させることが危険と判断した1台については、道路監理員による措置命令により通行可能時間帯(同日夜9時)までの停止と走行時の安全確保を命じました。
     なお同時に、重量検測の結果に基づき茨城県警察日立署が実施した道路交通法違反(過積載)の取締りについては該当がございませんでした。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369