ホーム > 記者発表資料 > 平成27年 > 5月 > 平成27年度 常陸河川国道事務所の事業概要

記者発表資料

平成27年 05月20日

  • 平成27年度 常陸河川国道事務所の事業概要

    常陸河川国道事務所

     常陸河川国道事務所は、「安全・安心で豊かな社会づくり」や「地域の活力と成長力の強化」に貢献するため、質の高い社会資本整備を効率的・効果的に実施します。

    《河川事業》
    ■安全・安心で豊かな川づくりに努めます。
     ・昭和61年8月、平成10年8月等の出水により、甚大な被害を被った各地区の浸水被害対策を実施します。
     那珂川においては、下流部の無堤防区間の築堤、水府橋の架替を実施します。
     久慈川においては、河道掘削、築堤を実施します。
     ・那珂川の水辺の親水性向上の機能を図るため、水戸地区、かつら地区において環境整備を実施します。
     ・災害の発生防止、河川の適正な利用、流水の正常な機能維持及び河川環境の整備と保全のため、河川維持・修繕を実施します。

    《道路事業》
    ■東関東自動車道水戸線(潮来〜鉾田)で工事着手します。
    ■国道6号日立バイパス(II期)で用地買収に着手します。
    ■国道6号勿来バイパスが新規事業化されました、今年度は、測量、地質調査を実施します。
    ■地域の活力と成長力の強化に貢献する道路整備に努めます。
     国道6号千代田石岡バイパス、土浦バイパス、大和田拡幅、国道50号下館バイパス、桜川筑西インターチェンジ関連(延伸)、国道51号潮来バイパスの整備、神宮橋架替及び各路線の適切な維持管理に努めます。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369