ホーム > 記者発表資料 > 平成24年 > 7月 > 茨城県内の移動性向上の取り組みについて検討します

記者発表資料

平成24年 07月20日

  • 茨城県内の移動性向上の取り組みについて検討します

    茨城県移動性・安全性向上委員会開催のお知らせ

    常陸河川国道事務所

     常陸河川国道事務所では、渋滞や交通事故の対策優先箇所の選定などについて、様々な分野の方々からご意見をお伺いし、今後の道路施策に反映させる事を目的に、前身の委員会を含めて平成17年11月から「茨城県移動性・安全性安全性向上委員会(委員長:岡本直久筑波大学准教授)」として改善の取り組みを行っているところです。

    今般、
     ○「今後の高速道路のあり方中間とりまとめ(高速道路のあり方検討有識者委員会、平成23年12月)」において、効率性を阻害する渋滞ボトルネック対策の重要性が指摘されたこと
     ○社会資本整備審議会道路分科会基本政策部会においても、渋滞対策を含め、道路利用の適正化が議論されていること
     ○交通観測技術の進展・普及により、道路交通状況の詳細に係るデータが容易に取得可能となるなど、観測環境に大きな改善が見られること
    等を踏まえ、課題の状況を継続的に把握・共有するとともに、新たな交通観測データの分析等により効果的な渋滞対策の推進に取り組むこととしました。

     取り組みにあたり、「茨城県移動性・安全性安全性向上委員会」を下記のとおり開催致しますのでお知らせします。

    【茨城県移動性・安全性向上委員会の概要について】
     ■日時:平成24年7月23日(月) 15時〜
     ■場所:国土交通省 常陸河川国道事務所 会議室
     ■主な内容:
      ○移動性阻害箇所選定指標(案)について
      ○移動性阻害箇所素案の選定(案)について
      ○パブリックコメントの実施(案)について

     ※審議は報道機関を通じて公開します。
      会場の都合上、一般の方の傍聴はできません。
      当日の配付資料、議事録、議事概要は常陸河川国道事務所ホームページに掲載する予定です。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369