ホーム > 記者発表資料 > 平成29年 > 1月 > 関東地方整備局管内の砂防関係4事務所の安全協議会は、合同で『第18回関東地方整備局砂防関係工事安全施工研究発表会』を開催します。

記者発表資料

平成29年 01月31日

  • 関東地方整備局管内の砂防関係4事務所の安全協議会は、合同で『第18回関東地方整備局砂防関係工事安全施工研究発表会』を開催します。

    富士川砂防事務所

    ○平成8年12月6日に新潟県と長野県の県境に位置する蒲原沢の工事現場で発生した土石流災害を契機に、工事安全に関する法規及び指針が改正・改訂され、土石流の発生を考慮した工事安全対策が求められるようになりました。
     特に自然環境の厳しい砂防工事の現場においては、安全対策は重要な課題であり、現場環境や現場の状況を踏まえた創意工夫が必要となります。
    ○関東地方整備局では、建設労働災害の根絶を目指し、砂防工事等に従事する技術者の安全施工に関する情報共有、意見交換及び学習の場として、各工事現場で取り組んでいる安全対策に関する研究発表会を平成11年度より毎年開催しています。
     今年度は下記のとおり開催いたします。

      記

    1.日時
     平成29年2月10日(金) 13時から17時まで
    2.会場
     国土交通省 関東地方整備局 共用大会議室501
     さいたま市中央区新都心2ー1さいたま新都心合同庁舎2号館5階
    3.その他
     参加費無料(参加に際して事前申し込み不要)

     本発表会では、関東地方整備局管内の砂防関係4事務所の各安全協議会及び東京都、山梨県で選出された6課題を発表する予定です。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369