ホーム > 記者発表資料 > 平成26年 > 2月 > 釜無川流域における大規模土砂災害に備えた合同防災訓練の実施について

記者発表資料

平成26年 02月14日

  • 釜無川流域における大規模土砂災害に備えた合同防災訓練の実施について

    富士川砂防事務所

     近年、観測史上記録を上回る大雨や集中豪雨が頻発し、全国的に土砂災害が多発しており、これまで以上に国や地方自治体等が連携して、迅速で的確な災害対応を行うことが求められています。
     このため、大規模崩壊によって河道が閉塞するなどの急迫した状況を想定し、迅速かつ円滑に対処できる災害対応能力の向上を図ることなどを目的として、国や県、地方自治体が一堂に会した合同防災訓練を下記により実施します。
     これによって、関係機関の役割や情報の伝達、情報に基づく対応などを検証し、連携を強化していきます。

     1.開催日時 平成26年2月21日(金) 12時30分〜16時30分
              ※気象等状況により、中止する場合があります。
     2.開催場所 富士見グリーンカルチャーセンター
             (長野県諏訪郡富士見町落合10057−1)
     3.訓練機関 富士見町、長野県砂防課、長野県危機管理防災課
             長野県諏訪地方事務所、長野県諏訪建設事務所
             関東地方整備局、富士川砂防事務所
             各機関から計34名(予定)参加
     4.災害想定 大規模崩壊による河道閉塞(天然ダム)の発生と同時多発する土砂災害
     5.訓練項目
      ・情報収集及び関係機関への情報共有
      ・土砂災害防止法に基づく緊急調査と応急対策の実施
      ・適切な住民避難の対応
     6.訓練方式 学習型訓練(室内における机上訓練)

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369