ホーム > 記者発表資料 > 平成25年 > 10月 > 富士川砂防塾を開催します。

記者発表資料

平成25年 10月02日

  • 富士川砂防塾を開催します。

    安全な暮らしを創造し、人と自然が共生する未来を拓く

    富士川砂防事務所

     富士川流域の南アルプスは、日本で2番目の標高を誇る北岳や糸魚川−静岡構造線が存在するなど、地形が急峻で地質は脆弱なため、その周辺地域は、土砂災害が起こりやすくなっ
    ています。
     昭和34年の台風では、多数の死者・行方不明者を出す甚大な被害が発生し、また、昭和57年の台風でも、人家や道路などに多大な被害が発生しました。
     近年は全国的に集中豪雨が増加傾向にあり、毎年のように全国のいずれかで大規模な土砂災害が発生しています。
     富士川砂防塾は、住民の皆様方が土砂災害から身を守るための知識を学ぶとともに、砂防への理解を深めていただくことを目的とし、現地見学をセットにした講座です。
     これからの台風などの大雨に備えて、地域防災力の向上を目指します。

     ○開催日時
      (1)10月 5日(土) 13:00〜17:00(長野県 富士見町コミュニティ・プラザ)
      (2)10月12日(土) 13:00〜17:00(山梨県 北杜市白州総合会館)
      (3)10月19日(土) 13:00〜17:00(山梨県 早川町交流促進センター)
     ○主催 国土交通省富士川砂防事務所
     ○共催 山梨県砂防課、長野県砂防課、早川町、北杜市、富士見町
     ○実施内容 講演および現地見学
              (詳細は本文資料(PDF)別紙の参加者募集チラシのウラ面をご覧下さい。)
     ○その他
      ・各回、自由参加です。内容が異なりますので、複数回、参加できます。
      ・参加資格は、特にありません。
      ・参加費は無料です。定員は各回30名です。
      ・各回、定員が集まりしだい、応募を締め切ります。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369