ホーム > 記者発表資料 > 平成28年 > 12月 > 未来の担い手に建設業の魅力を伝えたい(第2弾) 〜高校生を対象とした治水インフラとICT活用工事の見学会を開催〜

記者発表資料

平成28年 12月05日

  • 未来の担い手に建設業の魅力を伝えたい(第2弾) 〜高校生を対象とした治水インフラとICT活用工事の見学会を開催〜

    江戸川河川事務所

     江戸川河川事務所では、建設業の未来の担い手となる学生などを対象に、建設業への理解と興味・関心を深めて頂くことを狙いとして、11月22日に開催した第一弾の現場見学会に続き、管内のICT活用工事と首都圏外郭放水路等の治水インフラの見学会を開催します。

     今回の見学会では、当事務所で所管している「首都圏外郭放水路」や「高規格堤防」等の治水対策に関する研修会の他、ICT建機等を活用し現在工事中の「首都圏氾濫区域堤防強化対策」の現場見学を次のとおり実施します。

    開催日時:
     平成28年12月9日(金) 10時30分〜15時00分頃 雨天決行(悪天中止)
    見学対象:
     静岡県立科学技術高等学校 都市基盤工学科 1年生41名
    スケジュール:
     (1)10時30分〜11時30分
      治水インフラ等の座学(江戸川河川事務所総合管理棟)
      ※高規格堤防、首都圏氾濫区域堤防強化対策の講義と災害対策室見学
     (2)12時45分〜13時30分
      高規格堤防、堤防強化対策箇所の現場見学
      ※堤台地区高規格堤防(野田市),H27下内川地区堤防整備工事箇所(吉川市)
     (3)14時00分〜15時00分
      首都圏外郭放水路の施設見学(龍Q館:庄和排水機場)
      ※龍Q館の他、調圧水槽“地下神殿”を見学予定です。

    ◇報道関係の皆様へ
     ・本見学会の取材は、(3)の首都圏外郭放水路の施設見学時(14時00分〜15時00分)に同行取材が可能です。
      なお、(1)(2)での見学会の様子については、別途の写真を提供することが出来ます。
     ・取材希望の場合は、事前に本文資料(PDF)別添の取材申し込み様式に必要事項を記載の上、申し込み願います。
    ※交通事情その他により、見学会の行程が変更となる場合があります。あらかじめご了承下さい。
    ◇この見学会は、9月に関東地方整備局で公表した「“地域インフラ”サポートプラン関東2016」で示した取組3-3「建設業のイメージアップや担い手の確保を図る現場見学会」の支援の一環で、当事務所では第2弾の取り組みとなります。

    【“地域インフラ”サポートプラン関東2016】については、次のホームページをご覧下さい
     http://www.ktr.mlit.go.jp/gijyutu/index00000023.html

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369