ホーム > 記者発表資料 > 平成27年 > 3月 > 船舶の放置行為に罰則が適用されます! 〜利根川水系江戸川・中川等の国が管理する区間で指定〜

記者発表資料

平成27年 03月23日

  • 船舶の放置行為に罰則が適用されます! 〜利根川水系江戸川・中川等の国が管理する区間で指定〜

    江戸川河川事務所

     河川法施行令改正(平成26年4月1日施行)により、船舶など河川管理者が指定したものを「みだりに捨て又は放置すること」が禁止行為として追加され、罰則適用の対象となりました。

     江戸川河川事務所では平成26年度現在約280隻の放置船舶があり、放置船舶対策をより強化することを目的に、管理する以下の河川で「船舶」を指定します。

    【船舶の放置等を禁止する河川】
     ○利根川水系
      江戸川 旧江戸川 利根運河
      坂川 坂川放水路 三郷放水路
      大場川 第二大場川 大場川放水路
      中川 綾瀬川 綾瀬川放水路
       ※北千葉導水路についても同様の指定を行う予定です。

    【罰則の概要】
     ○3か月以下の懲役又は20万円以下の罰金
      (河川法施行令第59条第2号)

    【罰則適用の施行日】
     ○平成27年4月6日施行(同年3月27日官報により公示)

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369