ホーム > 記者発表資料 > 平成30年 > 2月 > もっと詳しく“道の駅”を知ろう! 〜取り組みを紹介するパネル展を開催〜

記者発表資料

平成30年 02月14日

  • もっと詳しく“道の駅”を知ろう! 〜取り組みを紹介するパネル展を開催〜

    千葉国道事務所

     「道の駅」は平成5年に創設された制度で、平成29年11月17日、第48回登録により、新たに17駅が登録され、全国で1,137駅となりました。
     千葉県内では、新規登録の1駅を含む29駅が登録されており、関東に174駅ある「道の駅」の内、長野県、群馬県に次いで、3番目に多い県です。
     国土交通省では、「道の駅」を経済の好循環を地方に行き渡らせる成長戦略の強力なツールと位置づけるとともに、地方創生に資する小さな拠点の形成を目指した取組みを支援しています。
     千葉国道事務所では、このような「道の駅」の取組みについて、広く一般の方にご理解いただくため、以下のとおりパネル展を開催します。

    ◆開催場所
     道の駅 保田小学校 2階 まちの縁側
     (千葉県安房郡鋸南町保田724)
    ◆開催期間
     平成30年2月17日(土)、18(日)
    ◆開催時間
     10時30分〜16時00分

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369