ホーム > 記者発表資料 > 平成31年 > 3月 > 荒川水系入間川、高麗川、都幾川洪水浸水想定区域等の浸水区域の変更について

記者発表資料

2019年03月29日

  • 荒川水系入間川、高麗川、都幾川洪水浸水想定区域等の浸水区域の変更について

    荒川上流河川事務所

     国土交通省関東地方整備局が平成28年5月30日に定め、公表している荒川水系入間川、都幾川及び高麗川の洪水浸水想定区域について、地盤高等の精査を行ったところ、新たに川越市で2箇所、東松山市で1箇所、坂戸市で1箇所、の計4箇所において、変更となる可能性があることからお知らせいたします。
     なお、今後、洪水浸水想定区域を精査し変更が必要な場合は、水防法に基づき洪水浸水想定区域の指定を変更しウェブサイト等で公表します。

     これまでの洪水浸水想定区域等をご覧になるには、荒川上流河川事務所のホームページで公表しておりますのでご参照ください。

    1.洪水浸水想定区域等
     荒川水系入間川
      http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000659396.pdf
     荒川水系都幾川
      http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000659399.pdf
     荒川水系高麗川
      http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000659400.pdf

    2.対象箇所は本文資料(PDF)別紙のとおりです。

    ※洪水浸水想定区域とは
     水防法第14条第1項の規定により、対象となる河川が氾濫した場合に浸水が想定される区域です。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369