ホーム > 記者発表資料 > 平成30年 > 4月 > 〜減災の取り組みを進めるため有識者からご意見を頂きます〜 荒川における減災のためのソフト対策のあり方懇談会(第4回)を開催

記者発表資料

平成30年 04月19日

  • 〜減災の取り組みを進めるため有識者からご意見を頂きます〜 荒川における減災のためのソフト対策のあり方懇談会(第4回)を開催

    荒川上流河川事務所

     国土交通省では、平成27年12月に「水防災意識社会再構築ビジョン」として、全ての直轄河川とその沿川市町村において、水防災意識社会を再構築する取り組みを行うこととしております。
     荒川(埼玉県域)でも平成28年5月に、埼玉県の関係44市町等から構成される「荒川水系(埼玉県域)大規模氾濫に関する減災対策協議会」を設置し、同年9月に今後概ね5年間の取り組み方針を策定したところです。
     「水防災意識社会」再構築にあたっては、住民の方々が自らリスクを察知し主体的に避難できるよう「住民目線のソフト対策」に重点的に取り組む必要があります。
     このため、今後の荒川上流部におけるソフト対策に係わる取り組み及び対策を検討するため、有識者にアドバイザーという立場から様々なご意見を聴取することを目的に本懇談会を開催するものです。
     第4回となる今回は、平成29年度における減災への取り組み状況について報告するとともに、前回までの懇談会における指摘事項とその改善案について、ご意見を頂く予定です。

      記

    1.日時:
     平成30年4月26日(木) 13時00分〜15時00分
    2.場所:
     さいたま新都心合同庁舎2号館 14階災害対策本部長室
    3.出席予定者:
     本文資料(PDF)別紙のとおり
    4.その他:
     会議開催後、当日の議事概要、配付資料等を、荒川上流河川事務所ホームページに掲載します。当日の開催状況写真については、希望する報道機関へ提供いたしますので、下記問い合わせ先へご連絡願います。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369