ホーム > 記者発表資料 > 平成29年 > 7月 > カスリーン台風から70年 公開講座/現地見学会を開催します。

記者発表資料

平成29年 07月28日

  • カスリーン台風から70年 公開講座/現地見学会を開催します。

    荒川上流河川事務所

     70年前の9月15日、カスリーン台風による洪水で、熊谷市久下地先等において堤防が決壊し、濁流が押し寄せました。
     国土交通省荒川上流河川事務所では、当時の状況や洪水が起きた場合の対応等について公開講座を行うとともに、決壊地点における現地見学会を開催します。また、降雨体験車による台風時の大雨体験も行います。

    ■日時:
     平成29年9月16日(土)
     ・午前の部
      【公開講座】10時〜(1時間程度)
      【現地見学会】11時20分〜(1時間程度)
     ・午後の部
      【公開講座】13時30分〜(1時間程度)
      【現地見学会】14時50分〜(1時間程度)
    ■場所:
     【公開講座】大里コミュニティセンター(熊谷市中曽根640番地1)
     【現地見学会】熊谷市久下地先(※マイクロバスでご案内致します)
    ■定員:
     各回20名
    ■申込:
     平成29年8月21日(月)まで
    ■内容:
     カスリーン台風に関する公開講座、決壊地点現地見学会降雨体験車による台風時の大雨体験

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369