ホーム > 記者発表資料 > 平成29年 > 7月 > 渇水対策支部は緊急体制に移行しました

記者発表資料

平成29年 07月05日

  • 渇水対策支部は緊急体制に移行しました

    荒川上流河川事務所
    荒川下流河川事務所
    二瀬ダム管理所

     国土交通省関東地方整備局荒川上流河川事務所及び荒川下流河川事務所、二瀬ダム管理所では、7月4日9時に渇水対策支部を設置しておりますが、7月5日9時をもって荒川水系では10パーセントの取水制限が開始されることから、各支部は緊急体制に移行しました。
     7月4日0時現在の荒川4ダム(※)の貯水量は、4,793万立方メートルで貯水率は59パーセント(平年に対し62パーセント)となっています。
     引き続き関係機関と連携しつつ、きめ細かいダム運用に努めてまいります。
     ※荒川4ダム:
      二瀬ダム(国土交通省)、荒川貯水池(国土交通省)
      浦山ダム(水資源機構)、滝沢ダム(水資源機構)

     荒川4ダムのダム諸量(貯水量・貯水率など)については、関東地方整備局ホームページ
      http://www.ktr.mlit.go.jp/river/shihon/river_shihon00000113.html
     をご利用ください。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369